やっと完成・・・だけど
【S13&RPS13用】
フロント及びリアの5穴化、スカイライン系対向キャリパーの移植、
サイドブレーキのインドラム化について。

4月頃より取り掛かっていた、後輩の愛車180SXの工事が本日無事に終了。
工事自体は1日でも、パーツを集めるのに一苦労・・・。
定番ちゃ定番のキャリパー移植ではあるけれど、手間と調べる努力が必要な為、
本気で走る人以外はなかなか手を付けないんじゃないカナ・・・と思う。
そんなワケで参考までに、今回得た知識をまとめて記載しておこうと思います。



【フロント編】
フロントハブの5穴化については、2通りの方法があります。
1. S14ターボ用のナックル一式を使用する方法。
2. 社外のフロント5穴ハブを使用する方法。

注意点として、R32系のハブは形状の違いから使用不可。
また方法1の場合、S14のロアアームでは長すぎてキャンバーが付き過ぎて
しまいます。
回避策としては、ナックルはS14ターボ用、ロアアームはR32系にすると良い
らしい・・・ま、素直に社外の5穴ハブを使用するのが必要なパーツ数も少なく正解。

【リア編】
リア周りはR32タイプM及びR33タイプMのAssyがそのままポン付け。
ハブだけ交換するくらいなら、Assyごと交換してサイドブレーキもドラム化
するのが良策。
注意点は、R32及びR33GT-R用のハブ周りは使用不可な事が一点。
あとは、サイドブレーキワイヤーの長さが足りない事。この二点くらいかな。
社外のワイヤー延長キット若しくは他車種のワイヤーを流用する事で回避。
前者がオススメ。

【キャリパー編】
下記に性能順にキャリパー及びローターの詳細を明記します。
BNR32(ブレンボ) F:324φ×30 R:300φ×22
BCNR33(ブレンボ)F:324φ×30 R:300φ×22
BNR32(ノーマル) F:296φ×32 R:297φ×18
R33(RB25DET)  F:296φ×30 R:297φ×18
R32(RB20DET)  F:280φ×30 R:297φ×18
R33(RB25DE)   F:280φ×26 R:266φ×9
S14(SR20DET)  F:280φ×30 R:258φ×9
PS13(SR20DET) F:280φ×22 R:258φ×9

費用対効果で考えるなら、前後BNR32のNISSANキャリパーが
ベストかもね。

【マスターシリンダー編】
これは今回保留にしたので、自分の経験と推測なんだけど・・・。
まず、ABS有りのマスターシリンダーは、配管への出口が2箇所。
ABS無しのマスターシリンダーは、配管への出口が3箇所。
R32タイプM以上の車種はABSが標準装備になっているので、マスター
シリンダーから出ている配管への出口は基本2箇所。

ABS有りのS13やRPS13ならR32タイプM以上のマスターシリンダーで
問題なし。
さて・・・ではABS無しのS13やRPS13はどうしよう?って事になるよね。
今回マスターだけ保留にしたのもコレが原因。
S14のABS無し用もいけるだろうけど・・・配管の取り回しの問題や、
せっかく前後対向キャリパーにしたのに、リアが片押しのS14用を
使用するのはどうも。

そこでベストと思われるのが、ウチのR32GT-RがABSを取り外した時に
使用した、R32GT-RのN1若しくはNISMOのマスターシリンダー。
これであればABS無し用なので配管出口の問題も容量の問題もクリア。
・・・ただ、中古じゃなかなか出回らないのが唯一の問題点なんだよね。

【感想】
完成後に試乗した感じ、相当踏み込まなければ効果は体感できず・・・。
当たりが出てないってのはあるだろうけど・・・メッシュホースへの変更も
してるわけで、自分の車みたくカッチリ&ガツンと効いてくれると思ったん
だけど。
エアを噛んでるようなフコフコ感もあるし・・・やっぱマスターシリンダー
交換も必須だね。

・・・以上、興味のない人にはホントどうでも良い話でした(笑)
[PR]
by ta-tan1012 | 2009-06-27 02:32 | 車関連


<< コワイヨー 動物に例えると? >>