『正論』 鈴木愛
どう思われてるかなんて事が 微妙に怖いと思った
こんな風に時を無駄にして 水溜りを蹴散らしてく

空は今より澄み渡って 僕は夢の跡
君の足跡ただ背負って 場所に慣れてゆく

此処に名を残すなんて事は 期待もしてない事だった
誰の記憶に残らずとも あるがままにと願った

やるべきことに追い立てられ 休むことも無く
ありきたりの毎日から 横にそれている

共鳴できる仲間を 置き忘れたり
明日越える橋の予感に 惑わされてる
憂鬱さをとり乱し 明日も疲れ顔です

明日を夢見てる君の目に 僕はどう映る?
霞みゆく僕のこの手で 何一つ掴めず

こうありたいと願った 理想の壁に
思い切り叩きつけた 自分があった
何も知らないふりをして 明日も自由が道へ

正しいと信じた... 僕の行くべき道...
認めたくなかった... 自分のために...

歩かずにはいられなく 生き急かされる
逃げる事は許されず 進むばかりで
戸惑いを見透かされても 僕らは笑い顔です

[PR]
by ta-tan1012 | 2008-10-08 20:53 | 趣味


<< The end of the ... タバコ吸い過ぎだな >>