アルトよりソプラノがいい
● あの素晴らしい愛をもう一度
● おおシャンゼリゼ
● 想い出がいっぱい
● 怪獣のバラード
● カリブ夢の旅
● 巣立ちの歌
● 大地讃頌
● 翼をください
● 時の旅人
● 名づけられた葉
● はばたけ鳥
● ひとつの朝
● フェニックス
● 魔王
● 野生の馬
● 夜汽車
● 流浪の民
● Let’s search for Tomorrow
● Puff, the magic dragon(パフ)
● Soon-ah will be done(黒人霊歌)



いくつかは過去の記事でも書いたっけ。
自分が歌ったと記憶している合唱曲だけでもコレだけあるとは言え、
実際にはこれでも氷山の一角でしかないんだねぇ。
まぁ、最近ではKiroroの『未来へ』やら、スピッツの『空も飛べるはず』
なんかもノミネートされてるみたいだから、増える一方なんだろうけど。

しかし・・・Soon-ah will be doneとかよく歌えたよなぁホント。
今でも歌えるけど、英語としてではなく完全に音として覚えてる感じだ。
とりあえず、上記の中で改めて聴いて感慨深かったのは・・・。
『想い出がいっぱい』、『夜汽車』、『Puff, the magic dragon』って
トコかなぁ。
ちなみに俺の携帯のメール受信音は『大人の階段昇る~♪』です。
・・・既に昇り切ってる感は否めませんが。
あと、『魔王』は何度聴いても怖すぎる・・・もうシューベルトが怖い。

いやはや・・・徹夜してまで合唱曲を必死に聴くとか意味分からん。
[PR]
by ta-tan1012 | 2010-11-18 08:26 | 趣味


<< 暑苦しい言葉 意味は作るモノかもね >>