昨日の続き
追記みたいな感じではあるけれど。

昨日の猛烈な虚無感と自己嫌悪中に偶然鳴った電話から急遽集合。
飲んで懺悔し歌ってストレス発散・・・は完全にできるワケもなく。
でも少しだけ元気になれた気はするよ。ありがとう。

確かに・・・全く同じ年齢で横社会にいる相手へ対しての前例は数回あったね。
しかし、親が厳しいながらもある程度放任し、容姿中身共に大人として自立を確立
している最中の人間のようには今回はいくはずもなく。
そういう人間ならば例え間違いを犯したとしても決して逃げたりはせず、注意され
れば納得できるまで考え、反省の上で何らかの行動を起こす。
ものすごく当たり前な事ではあるけれど、これが当たり前だと気付く為には大きな
失敗を経験するか、誰かから教えて貰う事でしか身に付ける術はないように思う。

以下余談。
長いけどきっと良い話し。



十数年前も今回と同じだった。
相手は友達から本気で注意され、本人も気付き勇気を持って行動した。
それに対し俺は激痛を堪え笑顔で承諾。
今でも忘れない・・・泣きながら"なぜそんなに優しいのか"と問われたが。
それが理解できないのは、俺と相手の見ているモノの違いを意味する。
まぁ結局、気移り激しい性格が災いして友達からも見放され、底辺の男に
ばかり目がいき騙され続け酷い結末・・・ま、今思うと可哀想だけど。
あの時の俺は自分を裏切った相手に対し、大切な事を教え支えられる程の器も
経験もなかったし。そりゃ仕方ないってもんさ。

大切なモノを教えられ、お互いの納得を重視するようになってからは・・・。
不思議と終わった後も良好な関係を保てるようになり、何かあれば報告があり、
困った事があれば相談があり。
70億人もいる人間の中で、同じ時代に生まれ一時でも時間を共有できる相手は
奇跡的な確率であり、それを無碍には絶対にしたくない。
だから間違えば怒るし、転びそうなら支えるし、逆に俺もそれで救われてる。

なぜそうできるのか。
それは単にお互いの納得は当然の事として、相手が残していったモノが何なのか、
それを自問自答の振り返りの中でお互いが見つけ出せるからなんだろう。
容姿やうわべだけ見ていたのでは絶対に分からないし。
自分の理想だけを見ていたのでは絶対に気付けないし。
すごく大事な事なんだけど、10年前もそう・・・できない人もいて哀しいね。

好き、嫌い、年齢、性別、容姿、趣味、理想。
そんな単純な話しで片付く恋愛はただの恋愛ゴッコでしかなくて。
早い遅いの差はあれど、誰しも必ずそれに気付く時が来るもので。
・・・ま、横社会の間にそれを理解できる人間は。
よっぽど辛い経験をした者か、よっぽど良い相手に恵まれた者か、よっぽど頭
の回転が速い者かのいずれかか。
・・・こんな所で転んでる俺が言えたセリフじゃねんだけどさ。
[PR]
by ta-tan1012 | 2011-12-19 00:33 | 恋愛


<< たぶん最後かな~ あーもーホントに >>